浮気の証拠がないと旦那への慰謝料や養育費の請求は難しい?

夫が会社の女性と浮気したことが分かり、追求したところ自白しました。ただ、具体的に離婚手続きをしようとすると、突然、夫の態度が急変し、「不倫なんかやっていない」と主張し始めました。

この場合、浮気の証拠がないと、慰謝料や養育費をしっかり請求するのは難しいのでしょうか?

やはり浮気が原因で協議離婚をする場合などは、性的関係を持っていたことを証明する証拠なしだと、慰謝料の請求などは難しくなってきてしまいますよ。

態度を豹変させた夫

オレのところに相談をしに来たE子さんは、旦那と浮気相手の態度が急変したことに相当、腹を立てていたんですね。

E子さんが言うには、「途中まではうまくいっていた」のだと。

夜遅く帰ってきたり、休日出勤が増えたりした夫を怪しいと思ったE子さんは、夫の通話履歴やLINEそしてFacebookのやり取りから、不倫相手を割り出すことに成功したんです。

そして、夫の財布の中から、二人分の食事のレシートや、残業で帰りが深夜になったと言っていた時の日付けのラブホテルの領収書を発見。

そして、それを元に、旦那を問い詰めたところ、夫は不倫をしたことを認めたんです。

その時、旦那も相手の女性もお互いに会わないと言ってきたので、E子さんは、一度、夫を許すことにしたんですね。

ただ、夫が真面目な生活に戻ったのは、ほんのしばらくの間。

その後は、また彼女と密会していることが分かったんですね。

そこで、E子さんが、再度、夫に問い詰めて、もう離婚をしようと言ったんです。

ところがそこで、旦那は浮気の事実を拒否、また浮気相手に連絡をしても着信拒否をして完全シカト状態になってしまったんですね。

実際、E子さんが、ご主人の浮気のためにとった携帯メールなどは、協議や裁判になった場合、証拠能力はほとんどないんですね。

浮気のメールは証拠になる?不貞行為を立証したい時は?

E子さんも慌てて内容証明の郵便を送ったが、それでも相手から返事が来ないで、無視されたまま。

実際、内容証明の郵便も相手が固辞すると、ちゃんとした証拠として使うのは難しいです。

E子さんは、最初、夫が不貞行為を認めた時に、自白した内容を書面に残させれば良かったと後悔したのが後の祭り。

夫の不倫が原因で、離婚の協議や裁判を行なう際、必要になってくるのは、性的関係を実証する証拠です。

当然、確固たる証拠がないと、慰謝料も養育費もきちんともらうことは不可能です。

このまま無理に離婚をしても、自分だけが損をすることが分かってきたE子さんは、このまま泣き寝入りをするしかないのかと相談をしてきたんです。

そこでE子さんからは、一旦、ご主人に対する浮気の追求することをストップして、夫を泳がせることにしたんです。

その間に、探偵に調査を依頼し、複数回にわたってホテルから出てきた写真など裁判でもしっかり使える証拠を入手したんですね。

もし、夫が早めに不倫関係を認めたら、その段階で可能な限り、浮気したことを認める書面を書かせることが大切です。

ただ、夫が拒否したり、不貞行為を認めなくなってしまったら、探偵を通じて証拠を集めるという方法も有効ですよ!

コメントは受け付けていません。