浮気の証拠で裁判を有利に進められるものは?

旦那が携帯メールで浮気相手とラブラブなメールをしていることを発見しています。どうやらその女性とは体の関係を持っているようです。

浮気の証拠を集めようと思っていますが、裁判に有効なものだけを教えて下さい。

基本的には、不貞行為を証明する写真、自白の書面や録音データ、探偵事務所の報告書などが有効になってきます。

ただ、証拠は多ければ多いほどいいから、これからのものを中心として、出来るだけたくさん集めるのがいいですよ。

とにかく裁判に勝ちたい

オレが勤めている探偵事務所にやってきたN子さんは、とにかく浮気相手を訴えるために必要な証拠が欲しいと言っていたんです。

N子さんは結婚7年目を迎えたところで夫との間で倦怠期に入ってしまったところだったから、その隙をついて、夫が会社の女性とラブラブなメールのやり取りをするようになったと話していたんです。

その内に、週末になると、ちょっと用事があるからといって出かける機会が増え、家にいないことの方が多くなっていたんです。

たた、家に帰って来た腕にキスマークが付いていることを発見して、体の関係もあるんだろうとN子さんは確信をしたんですね。

N子さんは、徹底的に浮気相手と法廷で戦うつもりだったから、とにかく証拠が欲しいと強く要望をしてきたんです。

ちなみに浮気の証拠の集め方は、こちらでも解説しているけれども

浮気の証拠の集め方は?@様子がおかしい旦那を調査する為に

今回は、裁判に有効となる証拠を中心としてピックアップして紹介していきます。

ホテルなどから出てきた時の写真

直接、性的な交渉を行っている時、あるいはラブホテルなどから二人で出ているときの写真は非常に有効ですよ。

実際、デジタルカメラは改ざんが出来るから不可という話もあるが、必ずしもそういワケではないです。

あとは、1枚よりは複数枚、また日時などがしっかり入っている方が、証拠としては有効になる確率が高くなってきますよ。

自白をした書面や録音データ

やはり、夫が浮気が認めることは重要だけど、裁判のときになったら、急に態度を変えて否認をしてくる場合もあります。

だから最終的には書面や録音データに残すことが大切ですよ。

探偵事務所の報告書

浮気調査を行った後、探偵事務所が作成する報告書も有効な報告書として使えます。

ただ、報告書は探偵事務所によっても内容が違い、証拠能力も差が出てくる場合があるから、信頼のできる探偵事務所に依頼することが大切になってきます。

ちなみに、証拠は多ければ多いほうが、それだけ裁判を有効に進めることが出来るようになってきます。

直接的ではない証拠であったとしても、上記の証拠を補完することによって、全体的な証拠能力を高めることが出来ます。

ポイントを押さえながら、揃えられる証拠はいろいろ集めていくことが大切ですよ。

コメントは受け付けていません。