浮気調査で車にボイスレコーダー@嘘をついて夫が合コンへ

夫が嘘をついて合コンに参加したことを旦那の携帯のLINEを通じて知りました。

そこで知り合った相手とは車で時々出かけて浮気をしているようなのです。

その内容を暴くためにボイスレコーダーを車内に仕掛けたいと思っていますが、何かコツはありますか?

ボイスレコーダーを車の中に仕掛ける場合は、他の音をいろいろ拾ってしまいやすいから、その点をを注意して設置するのがいいですよ。

ボイスレコーダーで浮気調査

オレのところへ相談に来たN子さんは、主人のとんでもない裏切りにかなり怒り心頭の様子だったんです。

なんと夫が既婚者であることを隠して、合コンに参加していたとのこと。

たまたま旦那のスマホを見ていた時に、合コン相手から来たラインの連絡がキッカケだったそうです。

さらにそこで分かった合コンの日、妻に対しては、高校時代の友人に会いに行くと更に嘘をついていたみたいなんです。

最近、夫が車で外出する機会が増えたので、旦那は合コン相手とドライブをしてるのではないかと疑ったN子さんは、夫の自動車にICレコーダーを仕掛けたんです。

こういった時は、ダッシュボードの下とか助手席や運転席の下に設置するのが一般的ですね。

そこにガムテープや両面テープでしっかり固定したらいいですよ。

ただ、録音機を車内に設置する時は、エンジンの音や車が走る際の音など、いろいろなノイズが混じってしまうから、なかなか難しい時もあります。

だから、設置場所も重要だけど、ボイスレコーダー自体の性能も重要になってきますよ。

もちろんマイクの感度も大切だけど、それ以外にも録音可能な時間や回数も考慮した上で、しっかりしたものを買う必要があります。

N子さんは、そこで見事に夫が浮気相手と会話した内容を録音することに成功したんですね。

でも、一つ知っておかないといけないのは、こういった証拠は、離婚の協議や裁判をする際、直接的な証拠にはならないことが多いということです。

ただ、不倫相手や彼女の行動パターンを特定する場合は役に立つにし、メインの証拠があれば、その補助的な証拠として使えるケースも多いからやってみる価値は十分あります。

N子さんも、ボイスレコーダーで録音した内容をもとに、探偵を通じて、効率よく浮気の決定的な証拠を押さえることに成功したんですね。

ボイスレコーダーを設置する際、音の拾いやすさも大切だけれど、そればかりに気を取られて、ボイスレコーダーの位置がバレてしまうと、相手の警戒レベルが一気に高まってしまうリスクがあります。

だから、音をうまく拾うことも大切だけど、まずはバレない場所に隠すことを第一優先にして設置するんですよ。

もしボイスレコーダーを設置するのは、設置場所の問題からバレるリスクがあると感じた場合は、GPSを使って夫の居場所を追跡するという方法もあります。

浮気調査でgpsを使って夫の嘘と裏切りを暴いたけれど・・・

これなら取り付けるところは、車体の下にくっつけるとか、どこでも良いから、見つかりにくいです。

コメントは受け付けていません。