どこからが浮気@夫が女性と二人っきりで食事したらアウト?

旦那の携帯を見ていたら、会社の女性と二人っきりで食事をしていることが分かりました。

LINEのやり取りをしていても旦那の下心を感じます。

これってアウトじゃないでしょうか?

実際、どこからが浮気なんでしょうか?

男性と女性では、浮気だと感じるポイントが違うけれども、法律的な観点から見れば、離婚する要因となる浮気とは、肉体関係を持つことが条件となっています。

浮気のボーダーライン

オレのところに相談に来たS子さんは、旦那の使うクレジットカードの明細を見ると、定期的にレストランで食事をしていることに気が付いたというんです。

そこで気になって携帯をチェックしてみると、特定の女性と二人っきりで食事をしていることが分かったんですね。

S子さんとしては、妻がいるのに旦那がそんなことをするのは信じられないという思いになったというんですね。

ただ、実際にどこからが浮気かという境界線については、人によって意見がかなり分かれるところがあります。

●LINEやSNSなどで親密なやり取りをした
●やましい気持ちを感じたり、相手に対して恋愛感情や性的な欲求を感じるようになった
●相手と関係を配偶者には内緒にしたいと思った
●相手にお金と時間を掛けるようになった
●異性と二人だけで食事をした
●高価なプレゼントをするようになった
●手をつないだりハグをしたり肉体的な接触があった
●キスをした
●セックスをした

これは、精神的なレベルから肉体的なレベルという順番で並べてみたんだけれど、男性と女性とでも価値観の違いがあります。

男性の場合は、キスをしたり、肉体的な接触があったりするなど、物理的なところがボーダーラインだと考える傾向が強いんです。

それに対して、女性は好きという感情が芽生えた時点で浮気だと感じるなど、精神的な部分を重んじる傾向が強いんですね。

法律的な観点での浮気とは?

ただ、もし「あなたは浮気をしたから離婚しましょう」という話になった場合は、また別の観点で考えなければならないところがありますよ。

なぜなら、法律的に浮気が離婚の要因として認めれる事由というのは、あくまでも不貞行為をしたことが条件となるからです。

つまり、この記事にも書いてあるように、旦那が別の女性と浮気をしたといっても、性的な関係を持った証拠を出すことが出来なければ、浮気による離婚は認められないということになるんです。

浮気証拠なしだと離婚は出来ない?性格の不一致だと慰謝料ゼロ

どこからが浮気かという境界線は、人によってかなり違ってくるところがあります。

ただ、もし離婚まで考える場合は、法律的な観点から証拠を揃えるなどの準備をしていく必要があります。

コメントは受け付けていません。