浮気調査で夫婦関係を修復できる?見て見ぬふりも限界です。

夫の携帯を見て、会社の女性と親密なやり取りをしていることが分かりました。

変に追及すると、夫婦関係が悪くなりそうなので、見て見ぬふりをしばらく続けていましたが、不安な気持ちが続いて、最近は体調を崩したりもしています。

浮気調査をして夫婦関係を修復することは可能なのでしょうか?

まず不貞関係の証拠を掴んで、二人の関係を断ち切ることは大切です。

探偵によっては、復縁のためのカウンセリングを積極的に行なっているところもあるから、そういったところを選んだらいいですよ。

二人の関係がズルズル言ってしまう前に

オレが働いてた探偵事務所へ相談にやってきたC子さんは、浮気をしているかもしれない旦那さんに対して、どうすれば良いのか分からず悩んでいたですよ。

C子さんは旦那さんがスマホで特定の女性と親身なやり取りをしているメールを見たというんです。

また、夫は、携帯を肌身離さず持ち歩くなどの怪しい行動をするようになっていったというんですね。

婦間の会話も少なくなり、いつのまにか、布団も別にして寝るようになってしまったとのこと。

最初は、見て見ぬふりをしようとしていたC子さんも、ストレスが溜まって、どうすれば良いのか分からなくなってしまったんですね。

友人に相談をしたところ、このまま、何もしなければ、不倫が事実であれば、二人の関係はますます深くなってしまうから、早く白黒をつけた方が良いとアドバイスをされたというんです。

ぐずぐずしていると、最後は旦那から離婚を告げられて、泣き寝入りをすることになってしまうかもしれないとC子さんも考えて、こちらに相談に来たんです。

証拠を掴むのは復縁の第一歩

よく探偵に浮気調査を依頼するのは、確固たる証拠を掴んでご主人に多額の慰謝料を請求するためだと思っている人も多いけど、逆に復縁したいと思っている人も実際多いですよ。

ただ、不貞行為の証拠を見つけて、浮気相手に慰謝料をしっかり請求しながら、きっぱりと別れさせることに成功したら、それで簡単に復縁が出来るかというとそうでもないです。

逆に、その場合、浮気の証拠を見つけることは、ゴールではなくて、復縁するためのスタートになってきます。

夫が浮気相手を失って出来た心のスペースに、奥さんが入っていけるかどうかは、奥さんの努力次第です。

そこで、やってはいけないのは、夫を悪者にしてしまうことですね。

旦那の罪を追求したら、逆にご主人が心を閉ざして、また別の女性のところへ行ってしまう可能性もあるから、悪いのはあくまでも浮気相手だったというスタンスをしっかり持つことが大切です。

結局、C子さんも浮気調査をしたところ、やっぱりご主人は浮気をしていたというんですね。

C子さんも、旦那さんを責めることなく、逆に自分が足らなかった部分を見つめるようになったというんです。

もちろん、元々浮気癖のある男性もいるけれども、基本的に不倫をする人は、必ず奥さんに対して不満な気持ちがあるものだから、そこが分からないと本質的な解決が出来ないです。

C子さんは実際、旦那さんとじっくり話し合ったところ、きっかけは、C子さんが子供を産んだあと、セックスレスが続いたことだったと初めて聞いたんですね。

C子さんはご主人と、これからは夫婦の間で秘密を作らないようにしよう、二人で時々デートをしようといろいろ約束をしたけれども、最終的には、夫婦の営みをしっかりやっていこうと決心したというんです。

実際、男性の心理から見ても、浮気をするしないかは、夜の関係がうまく行くかによって、大きく影響されるところがあるんですよ。

いきなりそこまで行くのが大変な場合は、スキンシップを増やしたり、会話を増やしたりするなど、出来るところから始めていったらいいです。

探偵社にも、復縁をしたい方のためにカウンセリングサービスをしているところもあるから、夫婦関係の修復を求めている人は、アフターケアをしっかり行なっているところを選んだらいいですよ。

コメントは受け付けていません。