離婚をしたら母親が子供の親権を持つのに有利な理由は?

夫が浮気をしているようなので証拠を掴んで離婚をしたいと思っています。

旦那の不倫が離婚の原因になっている場合は、母親が親権や監護権を持つ上で有利になるのでしょうか?

離婚の原因と、親権になれる権利は、別問題として扱われるけれども、基本的には母親が親権を持つケースは8~9割というのが現状です。

親権を決める上での条件

離婚の話し合いがもめて、家庭裁判所を通じて、調停離婚や裁判離婚となって、親権を決める場合、どういった基準になるのか紹介していきますね。

親の監護の能力

子どもが乳児や幼児であった場合、お母さんでないと出来ないことが多くなってくるから、子どもが小さいほど母親が有利に働くことが多いです。

子供に対する愛情

もちろん、父親も母親も親として、子供に対して深い愛情を持っている訳だけれども、やはりいつも子供と一緒にいる時間が長い母親の愛情の方が尊重されることが多いです。

やはり現実的に子供の世話をしている親の方が強いです。

収入などの経済力

子供を養っていく上での経済能力が問われるようになり、この場合、父子家庭よりも母子家庭になる方が不利になるように見えるし、専業主婦だと難しいように見えます。

ただ、基本的には、妻側が養育費をもらうことになるから、ここで母親が不利になることはないんですね。

子供の意思

10歳を超えてくれば、子供の意思が尊重されるけれども、小さい子供であると、基本的に母親が有利になりますよ。

同居しているかどうか

もし、どちからが子どもの元を離れて、別居してしまっているのであれば、その時点で、子どもの面倒を見ている親の方が当然、有利になってきます。

親の健康状態

もしどちらかの親の健康状態が良くなければ、その分、親権を持つにはふさわしくないと判断されてしまいやすくなります。

子どもの幸せのためにも浮気の証拠はしっかり押さえておく

いろいろな観点をまとめたけれども、ここで一番重要になってくるのは、結局、子供の幸せということですね。

その観点から見ても、子供が小さければ小さいほど母親が有利になってきます。

親権や監護権の話では、浮気の問題は直接関係ないけれども、慰謝料をしっかりもらうという観点で、不貞の証拠を掴むことは、とても大切になってくるんですよ。

浮気証拠なしだと離婚は出来ない?性格の不一致だと慰謝料ゼロ

子供の親権を勝ち取った後、子どもに不自由な思いをさせないためにも、浮気の証拠はしっかり取って、慰謝料をできるだけたくさんもらえるようにしたら良いですよ。

コメントは受け付けていません。