悪質な探偵事務所の見分け方は?悪徳業者に騙されないために

旦那が浮気をしているようなので、探偵か興信所に依頼をしたいと思っているのですが、悪徳業者だけには絶対引っ掛かからないようにしたいと思っています。

悪質な探偵事務所を見分ける方法はありますか?

いつくかの押さえるべきポイントがあるから、その点をしっかり確認した上で、電話や相談をしたらいいですよ。

悪質探偵社を見分けるポイント

探偵の業界というのは、つい最近まで、探偵業に関する規制が定められていなかったところがあります。

2006年に探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)が成立されて(2007年施行)、それ以降は、探偵業を行なう場合は、公安委員会への登録が義務付けられるようになったんですよ。

2013年末の段階で、5670件の届出があるけれども、まだまだ国民生活センターには、探偵や興信所に依頼をしてトラブルを抱えた人からの相談が年間で1,000~3,000件あるというのが実情です。

そういった中で、悪質な探偵社かどうかを見分ける方法をいくつか紹介していきますね。

届出を行なっているか

これは、基本中の基本ですね。

届出を行なっている探偵社の中でも変なところはあるから、ましてや届出をしていないなんて問題外です。

探偵事務所へ行けば“探偵業届出証明書”という届出書が掲示されているから、それをしっかり確認するのがいいですよ。

また、一般社団法人日本調査業協会という警察庁を監督官庁とする法人に加盟しているところであれば、もっと安心出来るところがありますよ。

事務所が本当に存在しているかどうか

実は、探偵事務所と名乗りながら、住所の場所を訪ねても事務所がないケースもあるんですね。

詐欺まがいの行為を行っている業者はこういった手口を使っていることが多く、面談も事務所ではなく、喫茶店など別の場所で行うとしたりするんですよ。

実際、事務所を持たずに、詐欺目的で行っている探偵社の中には、契約をして費用を受け取った後、連絡が取れなくなってしまうケースもあります。

だから、特に小さな事務所の場合は、事務所を訪問してそこで面談を行なった方がいいです。

料金体系が明確になっているか

探偵関連のトラブルで一番多いのが、やっぱり多額の費用を請求されることです。

浮気調査などを依頼する場合、まずホームページに料金の目安が掛かれていない場合は、気を付けた方がいいですよ。

また探偵社のサイトに料金が書かれていても、それがどこまでの費用を含んでいるかは分からないことが多いです。

だから、相談をして見積もりを出してもらった時は、
●調査料金は車両費や経費など、どこまでの費用を含んでいるか
●見積り額の項目は明確に記載されているか
●成功報酬となっている場合でもどういった基準で成功と見なしているか
●追加料金は掛かるのか(追加料金なしと言っているところが理想)
●キャンセルした場合の規定はどうなっているか

という点を契約前にしっかりとチェックしておく必要があります。

実際、安さだけに釣られると、失敗するケースもあるから気を付けるんですよ。

探偵興信所で安いだけのところを探すと大失敗するって本当?

契約書を交わそうとしない

事前に契約書を交わすことは、探偵業法で決められていることだから、契約書を交わさないで、調査を始めようとしたら、断った方が安全です。

探偵は、掛かる費用が高い分、変なところに引っ掛かるとそれだけ損失も大きくなってしまうから、必ず事前チェックをしたり、信頼できる探偵社のみを紹介しているサイトを利用したりしたらいいですよ。

コメントは受け付けていません。