探偵の浮気調査の料金が妥当かどうか判断する基準

旦那が不倫をしているようなので、探偵にお願いして証拠をつかみ、夫ときっちり別れようと思っています。ただ、浮気調査って費用がたくさん掛かりますよね。

どこら辺の金額を一つの目安にすれば良いのでしょうか?

浮気調査の場合は、最終的に離婚まで考えているなら、慰謝料も含めて考えたらいいですよ。

もちろん、証拠をしっかり掴んだ方が、慰謝料をより確実に請求できます!

浮気調査から離婚までに至った女性のケース

オレの知り合いの弁護士事務所へ相談しに来た女性C子さんの話を少し紹介します。

C子さんは夫が会社の女性と不倫関係に陥ってしまったということで、探偵に調査を依頼しにやって来たんです。

そこでは、1時間の調査費用は、1時間・調査員2名で、15,000円(これぐらいが相場です)だったから、1日4~5時間ぐらいの調査時間で、1日あたりの料金が、6~7万円ぐらいになったんです。

そして調査に10日ぐらい要したので費用は結局60万円ぐらい掛かってしまったですねえ。

もちろん、これは平均ぐらいの金額だけど、高額だと感じる人もいるかもしれない。

ただ、不倫の調査の場合、その後、慰謝料を取れることを見越して計算することが大切ですね。

結局、C子さんは、離婚訴訟をすることになって、弁護士に依頼をしたんですが、着手金と報奨金で50万円掛かったんですよ。(これも相場と同じぐらいです)

ちなみに慰謝料の相場は100~300万円と言われているけど、C子さんは200万円慰謝料をもらうことが出来たんです。

そうなると、C子さんの手元には、結局、200万円(慰謝料)-探偵費用(60万円)-弁護士費用(50万円)=90万円残ったことになりますね。

これだけ見ると、半分以上は経費になってしまうかもしれないと思ってしまうかもしれないですけどね。

でも、実際、離婚訴訟や裁判で有利に話を進めていくには、確固たる証拠をつかんでいくことがポイントになってきますよ。

ちゃんとした証拠がないと、相手にうまく言いまくられて、慰謝料を思いっきり値切られたりするケースもあるから、注意が必要です。

つまり、探偵にお願いをして、動かぬ証拠となる写真などを入手しておけば、それだけ慰謝料もより確実にそしてより多くもらえることになるということですね。

浮気調査は自分でやることも出来るけれど、探偵に依頼をした方が、決定的な証拠を掴める確率がグンと上がるというメリットがあるんですね。

探偵にお願いをする場合は、是非、そこまでのシミュレーションをして進めたらいいですよ!

コメントは受け付けていません。