婚約者が元カノと浮気したら慰謝料を請求できる?

婚約中の彼氏が元カノに未練をもっているようで連絡をして浮気をしているようなのです。

正直、もう婚約を破棄して、慰謝料を請求したいと思っていますが可能でしょうか?

婚約段階でも、慰謝料を請求することは出来ますよ。

婚約破棄をした場合の慰謝料請求について

婚約をしている段階でも、マリッジブルーで魔がさしたり、結婚前の最後の思い出みたいな感じで、浮気というまさかの裏切り行為をしてしまうケースがあります。

その結果、婚約を解消することになってしまった場合でも、慰謝料を請求することは出来ます。

結婚をしている場合は婚姻関係が自動的に証明されているけれど、婚約状態の場合は、婚約がしっかり成立していることを証明する必要があります。

書面がなかったとしても
お互いの両親にご挨拶をした
結納金を納めていた
式場の予約をした
などによって、婚約の事実を証明することが出来るのですよ。

婚約破棄での慰謝料の相場は?

離婚した後の慰謝料と比べると、婚約破棄をした場合の慰謝料の相場は、少し下がってきて、50万~200万円ぐらいの金額に落ち着くことが多いです。

(ただ、その時の状況によって、大きく変わってくるから、相場はあんまり参考にならないことも多いです)

離婚の慰謝料の相場は100~300万円

慰謝料とは、精神的な苦痛を受けたことに対して払うお金なので、たとえ婚約の段階であったとしても、その苦痛が大きいと判断された場合は、それだけ慰謝料の金額も高くなるということになります。

それとは別に、結婚式場や新居への引っ越しのキャンセル料など結婚の準備に掛かった具体的な費用に対して賠償金を請求することも可能です。

浮気相手に慰謝料を請求することは出来るか?

浮気相手に対しても、慰謝料を請求することは可能です。

しかし、もし、不倫相手が婚約の事実を知らなければ、慰謝料を請求することは難しいから、その点は事前に確認する必要があります。

不貞行為の証拠について

婚約をした段階でも、確実な不貞行為の証拠を掴んでいた方が、スムーズに手続きを進めることが出来ます。

ただ、婚約の場合、一緒に住んでいないケースが多いので、自分で調査をするのが、難しいところがあるんですよ。

なので、そういう時は、探偵に調査を依頼した方が、より確実に証拠を掴みやすくなります。

結婚前には、きちんと整理を

実際、婚約前だと、上記で述べたように、本当に肉体関係を持ったのか分かりづらいことが多いです。

しかし、だからと言って、曖昧になったまま、結婚をして、実は旦那が女癖が悪く浮気症だったということが分ると、一生、夫の女性関係で悩まされることになります

だから、不安な気持があるならば、多少お金が少し掛かったとしても、将来の夫がクリーンな人かどうか身辺調査を行った方がいいです。

「結婚前からいきなり探偵なんて」と心の準備が出来ていない人は、良い探偵事務所を無料で紹介してくれるところに連絡をして、本当に探偵に相談すべきか相談をしてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。