浮気の慰謝料の相場は?

旦那が浮気をして、いざ離婚をしようという話になった場合、浮気が原因の慰謝料の相場はどれくらいかを知っておく必要があります。

不倫をされた段階で被害者になっているのに、離婚をした後、さらに生活が苦しくなってしまったら、泣きっ面にハチの状態になってしまうからです。

結論から言うと浮気の慰謝料の相場は、100~300万円(多いのは200~300万円)と言われているのです。

具体的には、夫婦関係の継続期間や旦那さんの相手の支払い能力などによっても変わってきます。

あと、不貞の証拠を掴めているかどうかでも、慰謝料の金額は大きく違ってくるので、このポイントだけは、しっかりと押さえるようにしてくださいね。

不倫の慰謝料が決まる基準は?

慰謝料というのは精神的に受けた苦しみを補うために支払われるものです。

そして、そのことを調停委員や裁判所の人に客観的に分かるよう、しっかりと訴えれば、慰謝料をしっかりともらえるということになります。

そういった意味で、婚姻の期間が長ければ長いほど、その夫婦関係が壊れてしまった場合は、ダメージが大きいので、慰謝料は高くなります。

年齢を重ねていると、奥さんは、再婚して別の男性とやり直すという訳にはいかないからですね。

またその場合は、ご主人も出世していたりして、経済力もあると判断されやすくなり、慰謝料は高額になるものです。

また、子供がいたり、財産が多かったりすると金額は上がるし、浮気相手との間に子供がいた場合も請求できる金額は高くなります。

※ちなみにここでは旦那に対する浮気の慰謝料の相場を書いているけれども、浮気相手に慰謝料を請求する場合は、こちらを参考にしてくださいね。

浮気相手から慰謝料をもらう場合の相場はどれくらい?

浮気の証拠の重要性

しかし、いくら慰謝料を請求できる条件が揃っていたとしても、肝心かなめの証拠がしっかりなければ、慰謝料をしっかり請求することが出来ないから注意が必要です。

いくらメールの履歴があっても、夫が一度自白をしていたとしても、いざ離婚協議や裁判になった時に、夫がうまく言い訳を言いながら逃げてしまう場合はよくあります。

もし、そのまま握られてしまったら、不倫はされるは、慰謝料は取れないわで悲惨な人生が待っているのです。

だから、そんな理不尽なことが起こらないよう不貞の証拠は、探偵に依頼するなどして、絶対取るようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。