探偵って違法じゃないの?


旦那の浮気の調査をすると、尾行をするだけでなく、GPS、盗聴器、発信機、そして写真撮影など、ありとあらゆる方法を使って、旦那の浮気を徹底的に調べていくことが可能です。

ただ、その時に「これは違法じゃないのか」と疑問に思う人も出てきます。

探偵が行なっている浮気調査に違法性があると、いざ、証拠を掴んだり、それを元に離婚裁判をしたりしようとしても、そこを突っ込まれてしまうのではないかと心配をする訳です。

結論から言えば、探偵が行なっている業務は違法ではないんですよ

ただ、探偵と言っても、ピンからキリまであり、届出をしていないところや、詐欺みたいなところもあるので、場合によっては、違法な調査をしてしまうことだってあります。

なので、あくまでも法的に問題のない形で確実に浮気の証拠を掴みたいのであれば、コンプライアンスのしっかりした大手の探偵事務所に依頼をするのが良いでしょう。

探偵が違法ではない理由

探偵が行なう業務は、“探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)の第2条によって、以下のように定められているんですよ。

この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

つまり、聞き込み、尾行や、そして張り込みなどは、すべて法律の範囲の中に含まれているということになります

もちろん、依頼者が、悪意を持って、特定の人物のプライバシーを侵害したり、中傷や非難をするために、探偵に調査を依頼することは違法だし、そんな依頼を受ける探偵社も同罪になってしまいます。

ただ、浮気調査の場合は、赤の他人ではなく、自分の身内の調査を依頼するものなので、そういった点からでも、まるっきし問題はないですよ。

浮気自体の違法性が遥かに強い

もし、旦那の浮気の証拠が掴めた場合、それに対して、夫側が、調査方法に違法があったと主張してきたとしますよ。

百歩譲って、調査方法に違法性があったとしても、不貞行為を行なったという事実の方が、遥かに違法性は強いです。

それは、自分のテストの点数が0点のくせに、95点の人に向かって「なんで100点じゃないんだ」といちゃもんを付けるようなものです。

そんなバカげたことを言っていると、旦那は、自ら墓穴を掘っていくことになってしまいますよ。

それでも探偵のことが今一つ信頼できないのであれば、業界では圧倒的な信頼と実績を誇る探偵社に依頼をしてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。