予測変換履歴削除をしているかチェック

iPhoneなどのスマホでは、予測変換の機能がついているので、その機能を使うと、入力履歴が分かるようにように、スマホを使っている旦那がどんなメッセージを送れるか予測できるようになっているんです。

もちろん、夫が浮気をしている場合は、そういう邪魔な予測変換学習機能を削除していることが十分考えられます。

実際、その予想変換履歴を削除してしまうと、どんなメッセージを送ったかが分からなくなってしまうんです。

しかし、逆の見方をすれば、予測変換履歴を削除していることがはっきり分かれば、夫は内緒で怪しいやりとりをしていることが明らかということになるんです。

もし、そのことが分かれば、探偵に依頼をしながら、真実を追求してみることも大切です。

スマホで予測変換履歴を削除する方法(iPhoneの場合)

予測変換履歴を削除する方法は、スマホの機種によっても違ってくるけれども、たとえば、iPhoneの場合は、以下のようになっています。

1.最初に表示されるホーム画面から「設定」を選択
2.「一般」を選択
3.「リセット」を選択
4.「キーボードの変換学習をリセット」を選択
5.「辞書をリセット」を選択

ここで重要なポイントは、iPhoneでは、予測変換の学習機能をストップさせることが出来ないということです。

つまり、不倫をしていることがバレるのが嫌な旦那は、浮気相手と怪しいやり取りをする度に、変換予測の履歴を消す必要があるのです。

だから、こんな面倒くさい機能を使うということは、よっぽど奥さんに知られたくない事実がある証拠ということになるんですよ。

予測変換履歴が削除されているかチェック

ちなみに、予測変換履歴を消していない場合は、このような方法を使って、どういう言葉を入力できるか再現することが出来ます。

予測変換履歴から浮気をチェック

予測変換履歴が削除されているかをチェックする場合もやり方は基本的に一緒です。

とにかく、”あ”から始めて、ひらがなをどんどん入力していきます。

予測変換履歴が削除されていなければ、何らかの入力履歴が出てくるものだけれども、それがまったく出てこないという場合は・・・

旦那さんは、必死で何かを隠そうとしているということになります。

その秘密が何であるかを、調べるには、探偵に依頼をするなどの方法が必要になってくるけれども、まずは、夫が隠し事をしているかどうか、この方法でチェックしてくださいね。

コメントは受け付けていません。