不倫相手を訴える時の注意点

旦那の浮気が発覚して、不倫相手に対して、弁護士を通じて裁判で訴えて、しっかりと慰謝料請求をする場合、注意しなければならないことがあります。

それは、肉体関係があったという不貞の証拠をしっかり掴んでおくということです。

請求できる慰謝料の金額は配偶者離婚をするかしないかによっても違ってくるけれども、確固たる証拠自体がなければ、不倫や慰謝料の支払い自体を否定される場合もあります。

そんな悲劇に陥らないよう、探偵に相談をしながら、証拠はしっかりと掴んでおくようにしてくださいね。

不倫相手を訴える場合に慰謝料の相場

実際、浮気をした相手に対して、どれだけの慰謝料を請求できるかというのは、こちらの記事にも書いてあるけれども、

浮気相手から慰謝料をもらう場合の相場はどれくらい?

離婚をする場合だと、100~300万円、離婚をしない場合であれば50~100万円が相場になってきます。

慰謝料を請求できる金額は、自分がどれだけ精神的苦痛を受けたかによって決まるので、離婚をしない場合など夫婦生活が破綻していなかったり婚姻関係が修復可能な場合は、請求可能な金額は、半分以下に減額されるという傾向があります。

不倫の事実を認めないケース

ただ、夫と交際をしていた被告となる相手方も、窮鼠猫を噛むというか、謝罪をするだけでなく、出来るだけ慰謝料を減らそうとしたり、自分に非はなかったと反論してくるのは必至です。

原告のあなたに対して、相手の女性は、

「既婚者とは知らされておらず、独身だと思っていた」
「不倫を証明するものがないじゃないか」

などと言って、自分に責任はないことを必死にアピールしてきます。

ですから、そのために相手がうんともすんとも言えない証拠を準備し、万全たる準備をして交渉をしていく必要があります。

なかには、証明郵便などの書面を送って、証拠にしようとする人もいるけれども、それは警告としての意味合いが強くで、強い証拠になる可能性は低いです。

一番良いのは、ラブホから出てきたところなど、浮気を証明する複数の写真や動画を準備することなんだけれども、そういった証拠を用意するためには、やはり探偵に依頼をしないと難しいです。

浮気相手から肩すかしを食らったら金銭的にも精神的にもダメージが大きいので、可靴に相手を仕留めるために、探偵に相談をしながら万全の準備をしてくださいね。

コメントは受け付けていません。