別居中の不貞行為の証拠は有効?

通常、別居中に旦那が浮気をした場合、その証拠を取って、裁判で離婚や慰謝料を請求をしたとします。

しかし、別居したことは、夫婦の婚姻関係が破綻した状態であるとみなされ、別居後に発生した不貞行為は、離婚の理由として認められず、慰謝料請求も出来ません。

だから、いくら不貞行為の証拠をつかんでも役に立たないと、男女問題に詳しい弁護士に聞いたらこのように回答されてしまいます。

ただ、ここでポイントになってくるのは、配偶者と浮気相手との不貞関係が別居前から続いていたかということです。

もし同居していた時から浮気があってそれが原因で別居になってしまったケースということになれば、全然違った問題になってくるからです。

もし、その可能性があって証明できそうであれば、出来るだけ早く、探偵に依頼をして浮気の証拠を掴むようにしてくださいね。

別居中の不貞行為も証拠として認めてもらうために

もちろん、別居の中にも、いろいろな見方があります。

単身赴任であったり、別居中であっても時々会っていたりしている場合は、或いは、夫婦関係の修復を目的(しばらしくしたらまた同居を再開する)とした別居である場合でも夫婦生活の破綻とは見なされません。

なので、奥さんとしては、別居前から不倫相手と関係があったことを証明するだけでなく、現在、旦那が別居をしていたとしても、掃除をしに行ったり、時々(嫌でも)会ってみたり、合いカギをしっかりゲットしたりしておくなど、夫婦関係が破綻していないことを証明する事実を作っておくことも大切です。

ただ、ここら辺は、判断が難しいところになってくるので、専門家に相談をしながら、どのように対応をすべきか進めていきますよ。

計画的な別居の可能性も

もちろん、別居をしてから不倫相手との交際が始まってからであったとしたら、しょうがないのかもしれないです。

しかし、もし、もともと不貞関係があって、事前に夫婦関係が破綻していたことを証明するために、計画的に別居をしているケースもあります。

そういった作戦には絶対、騙されないように、十分気を付けてチェックしてください。

コメントは受け付けていません。