浮気調査でgpsを使って夫の嘘と裏切りを暴いたけれど・・・

いつも帰りが遅い時に「どこへ行っていたの?」と聞いたら、嘘を言っているようで信用できません。GPSを使って、浮気調査を自分でしたいと思っていますが、どうでしょうか?
GPSロガーなどを使うと、夫の居場所や経路の詳細を調べることが出来ますよ。

でも、それだけだと、不倫の決定的な証拠を掴むことは出来ないから、プラスαの対策が必要ですよ!

GPSで浮気調査を行なう場合の問題点

オレが探偵事務所で働いていた時も、C子さんという女性が「私もGPSを使ったわ」という話をしていましたね。

C子さんも機械に関しては、素人でよく分からないので、最初は、スマホのGPS機能とかキッズ携帯とかココセコムなどを使おうか考えていたそうなんです。

(ちなみに、LINEを使って、こんな方法で位置情報を活用した女性もいましたよ。)

lineで相手の居場所は調べられない@そんな時はこの方法で!

ただ、それよりは、GPSロガーという装置を使えば、位置情報や経路を記録することが出来るから便利だという話を聞いて購入したんです。

それを夫の自動車に潜り込ませて浮気調査開始。

旦那の帰りが遅い時に、夫に電話をして「今、どこ?」と聞いたら、「残業で遅くなるから」という返事。

しかし、GPSロガーを後で確認したところ、職場とはまったく違う方向へ行っていたことが分かったんです。

しかも、そのルートには繁華街やラブホテルがあるところも含まれていたんですね。

夫から裏切られ、許せない思いが湧きつつ、夫に思いっきり仕返しをする方法を考えていたんだけど、そこでC子さんは、ある重要なことに気がついたんです。

それは「GPSだけだと、決定的な証拠を残せない・・・」ということ。

実は、GPSは、場所を知らせてはくれるけれども、それ自体は、不倫を立証できる十分な証拠にはならないという側面だがあるんです。

ただ、C子さんは、GPSで夫が浮気をする行動パターンが分かって来たので、その情報を探偵に伝えたところ、簡単にそして安く夫の浮気の現場写真を押さえることが出来たんですね。

GPSロガーは、夫が浮気をしているかどうか、決定的な証拠をつかむための補助ツールだと考えたらいいと思いますよ!

コメントは受け付けていません。