夫のクレジットカードの明細が不可解@会社の付き合いって本当?

最近、夫のクレジットカードの請求金額が増えてきたので、明細を見せながら、理由を聞いたところ、「最近は、会社の付き合いからな」と答えていましたが、その直後に、郵送明細からWEB明細に変えました。

以前の明細は、まだ残っていますが、詳細を調べることは可能でしょうか?

クレジットカードの明細は、わざと分かりづらくしているものも多いです。

ネットを使っても、ある程度の情報はつかめるけれども、限界があるから、やっぱり一度ご主人としっかり話してみることが大切です。

分かりづらいクレカの明細

オレのところに相談に来たH子さんも、夫がクレジットカードをどういう目的で使っているか知りたいという話をしていたんです。

以前は、明細が郵送で届いていたので、奥さんも時々チェックしていたんだけど、そこで、請求先の分からない明細が出てくるようになってきたんですね。

PAYPALやヤフーなど何を買ったのか分からない明細もあれば、変換レート○○円など、海外旅行に行った訳でもないのに、レートが書いてる明細があったりしたんです。

実際、クレジットカードの明細は、それだけを見ても、何に使ったかはよく分からないことも多いです。

ただ、H子さんは、その明細書にある意味が分からない名前をネットで一つ一つ丁寧にチェックして見破ろうとしていったそうなんです。

実は、同じような目的で、主婦など明細が何を意味しているか知りたがっている人は多いので、ネットを見れば意外と、それがどこを利用した際の料金なのかが分かってしまう場合も多いんですね。

海外のエッチな動画やオンラインゲームの料金に関しては、まあ、金額さえ高くなければしょうがないなあとH子さんは思っていたんです。

でも、その中で、ラブホテルかクラブなどの親会社の名前みたいなものを見つけたりしたんですね。

あとは、夫が朝帰りをした日にキャッシングでお金を借りた形跡もあったそうです。

ただ、夫にそのことを聞いたら、「最近は、仕事の接待が多いから」と行って、うまくはぐらかせてしまったそうです。

その後、夫は、クレジットカードの明細を郵送からWEB明細に切り替え、理由を聞いてみると、「これだと、ネット上からいつでも明細が確認出来て便利だし、余計な郵送物も減らせるから」と答えるだけ。

男の立場から言わせてみると、最近は、ネット社会だから、WEB明細にしたとしても、全然おかしいことはないですよ。

でも、妻がWEB明細の内訳を見たいと行っても、拒否したら、怪しい可能性があります!

結局、H子さんは夫に聞いてもはぐらかされるばかりで、このままでは埒があかないと思って、探偵事務所に相談をしに来たというワケなんですね。

クレジットカードの利用明細は、利用者のプライバシーを守るよう、ワザと分かりにくくなっているケースが多いです。

だから、そんな時は、夫に聞いてみて、もし、ちゃんと答えてくれなかったら、別の方法で調べてみるのがいいですよ。

ちなみに、クレジットカードだけじゃなく、夫の財布のレシートをチェックしている方もいるから参考にしてくださいね。

旦那の行動がおかしい@携帯電話代金が急激に増えた!

コメントは受け付けていません。